モビットログインする前に!

モビットの会員ログイン・審査申し込みをする前に、じっくりと他のカードローンと比較してみてカードローンを選んでください。
比較のポイントは「金利」「限度額」「無利息サービス」「総量規制」です。

モビットのキャッシングローン商品内容

金利 年3.0%~18.0%
限度額 1万円~800万円
※利用限度額は利用状況に応じて最高800万円まで
無利息サービス 無利息サービスはありません。
総量規制 総量規制の対象です。

モビットの最高金利は18.0%です。
利用金額が100万円以下の場合はこの18.0%が適用されます。
消費者金融系のカードローンの最高金利は18.0%の商品がほとんどですが
銀行系のカードローンは最高金利15.0%以下の商品が多いのが特徴です。
カードローンの借り換えやカードローンの新規契約をお考えでしたら銀行系のカードローンをおすすめします。

カードローン比較

カードローン 審査 融資 土日祝 金利 限度額 無利息 総量規制
みずほ銀行
最短即日 最短即日 × 年3.0%~7.0%
[エグゼクティブプラン]
年4.0%~14.0%
[コンフォートプラン]
1000万円 なし 対象外
バンクイック
最短30分 最短即日 対応 年4.6%~14.6% 500万円 なし 対象外
オリックス銀行
最短即日 最短即日 × 年3.0%~17.8% 800万円 なし 対象外
楽天銀行
最短即日 最短即日 対応 年4.9%~14.5% 500万円 なし 対象外
三井住友銀行
最短30分 最短即日 対応 年4.0%~14.5% 800万円 なし 対象外
静岡銀行
最短30分 最短即日 × 年4.0%~14.5% 500万円 なし 対象外
スルガ銀行
最短即日 最短即日 × 年3.9%~14.9%
[リザーブプラン]
800万円 なし 対象外
プロミス
最短30分 最短即日 対応 年4.5%~17.8% 500万円 30日間 対象
レイク
最短30分 最短即日 対応 年4.5%~18.0% 500万円 30日間
or
180日間
対象外
アコム
最短30分 最短即日 対応 年4.7%~18.0% 500万円 最大30日 対象
アイフル
最短30分 最短即日 × 年4.5%~18.0% 500万円 なし 対象
モビット
最短即日 最短即日 対応 年3.0%~18.0% 800万円 なし 対象

カードローンに関することで

カードローンは、契約によって決められた上限金額の中から、自由に何度でも現金を引き出すことが出来ます。利用に関しましては、ローンカードを利用して、店頭やATMやキャッシュディスペンサーなどでお金を引き出せます。ただし、利用しようとする人は審査を受けなければなりません。返済方法についてですが、キャッシングの場合は、「一括払い」が基本ですが、カードローンの場合は、「分割払い」が基本になっています。分割払いでは、返済計画を立てて毎月少額ずつ返していきます。一度の返済は少額になるため、負担は大きくなく無理なく返済が続けられるという点が分割払いのメリットでしょう。

借り入れた金額が大きい場合、一括払いの返済は困難になるため、分割払いにすることで返済がし易くなるのです。ただ、借り入れた金額を分割して、少額を支払っていくため、返済完了までの期間は長期にならざるを得ません。長期になると、利息がその都度加算されるため、一括払いよりも利息分の支払金額が多くならざるを得ません。このため、返済完了までに支払う総額が増えてしまうことが、分割払いのデメリットと言えます。しっかりした計画を立て、毎月払える金額で、しかも利息があまり増えないようなペースで返済していくことです。

カードローンの審査について

カードローンの審査の厳しさはどのくらいなのか気になる方は多いのではないでしょうか。ですからそう言ったカードローン審査における厳しさに関して、できる限り簡単にご説明します。まず、カードローンの種類によって審査の厳しさというものは変わってきます。例えば消費者金融系よりも銀行系の方が審査は厳しいです。もちろんその分条件的には良いのですが、やはり審査が不安なら消費者金融系にしておくべきでしょう。

あとはそこまでカードによって審査の厳しさに差が出るという事は少ないので安心してください。そもそも審査自体非常に厳しいというものは少なく、それこそ正社員に限るというわけではありませんし、アルバイトだったりパート、派遣、日雇いまで様々な職業の人が審査に通る事ができた実績があります。ですから、あまり高望みをしたりそういった事さえしなければ、審査においてそこまで心配なさるという必要はあまりないのではないでしょうか。

今後審査をする可能性がある、予定があるといった方々は、心配であれば是非ともこれらの事を参考になさる事をおすすめします。そうすれば、安心して審査を受ける事ができるのではないでしょうか。時間もそこまでかかりませんから、躊躇せずやってみましょう。

おまとめローンについて

よく巷ではおまとめローンの審査に落ちたという話を耳にします。 どういう人が審査に通りづらいのか解説していきたいと思います。 ・借り入れ件数が多い ・勤続年数が短い ・信用情報機関に事故情報が載っている 以上のようなことに該当すると借りたくても借りれません。 借り入れ件数はまとめることで何とかなる場合もあります。 勤続年数は近年はあまり重要視されていませんが、短いよりは長い方がいいです。 事故情報は延滞等に注意しましょう。

消費者金融が照会する信用情報について

消費者金融が実施する審査では、個人の属性情報以外に信用情報も参照しています。これらの情報から得られる内容が、企業が設定する基準を上回らなければ、貸し出しは実施されません。個人の属性情報は、サービス申し込み時に入力した内容から得ていることが、容易に理解できます。では、信用情報はどこから入手しているのでしょうか。

信用情報の閲覧は、特定の企業のみに許された特権です。業界内に存在する協会に登録を済ませることで、その閲覧が可能となります。もちろんその登録は営業の必須条件ではありません。未登録企業はそれぞれ独自の審査を実施しています。協会への登録が完了した企業は、信用情報機関に保管される情報を受け取る権利があるのです。そこには、加入企業が登録した情報が集まります。

たとえば返済事故などの履歴が照会可能となっています。返済事故としては返済の遅延が挙げられますが、その基準は業界で統一されていません。各企業別々の基準を用いてその登録を実施するため、ご利用企業により結果に誤差が生じます。消費者金融の審査では、信用情報機関に登録されている情報を確認するため、他所の借り入れ履歴を隠すことはできません。返済事故を起こした過去があれば、結果は火を見るより明らかです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加